大阪・兵庫・京都の特許出願、商標出願、外国出願:知的財産の相談パートナー

5つの強み

  • HOME »
  • 5つの強み

1. 広く強い権利を取ります

写真:開発・発明のイメージ広く強い権利とは、「カバーする範囲が広く、競合他社にとって侵害回避が難しい」権利のことです。
出願段階では「実施形態、バリエーションなどを考慮し明細書を作成すること」、中間処理では「審査官の認定に対し、言うべき主張をすること」など、中野国際特許商標事務所では審査の各段階で最大限の努力をいたします。

お客様の事業を把握した上で、可能な限り広い権利範囲を請求することで、お客様の利益を最大化することにつとめています。
「依頼者の技術を守り、安心して事業を展開できるようにする」これは特許出願時に最優先で取り組むべきことです。

  • 先行技術に対して、どのような範囲なら権利化が狙えるのか
  • 少しチャレンジになるが、おさえておきたい範囲がどこなのか
  • 拒絶理由通知がなされた場合、審査官の認定がどのようなものか

出願・権利化段階では、常にこのように心がけています。

また、発明が実施される状況を考え多角的に権利範囲を設定しないと、簡単に侵害が回避できる「使えない権利」となってしまいます。
中野国際特許商標事務所では、実施される状況を想定していろいろな切り口で権利化を試み、「使える権利」とするよう前向きに取り組んでいます。

2. お客様との密なコミュニケーション

写真:打ち合わせイメージ
特許事務所を使うときのコストは、料金だけではありません。意思疎通にかかる時間・労力も、立派なコストです。

中野国際特許商標事務所では、専門用語を極力使わず分かりやすく説明いたします。電話や書類での連絡時にもていねいに用件をお伝えし、次に「いつ」「どのような」対応が必要なのか、詳しくお話しています。

年に100件出願する企業とはじめて出願する企業では、担当者の経験値も違います。出願経験の多いお客様にはハイスピードな書類作成を、出願経験が少ないお客様には親身なサポートを提供することを特に心がけております。

知財を扱った経験が少ない方にも、顧客対応の丁寧さについて高い評価をいただいております。

3. 読み手にやさしい文章

写真:タイピングイメージ特許明細書は法律文書でもあり、権利書でもあります。審査段階では、特許庁の審査官に理解してもらわないといけませんし、特許成立後は取引先や競業他社、金融機関の融資担当者などさまざまな人に読まれます。

中野国際特許商標事務所では、一読して意味が理解できるような、簡潔な日本語で書類を作成するよう心がけております。
重複した記載、無駄な記載を最小限にとどめるため、書類の分量も少なくなり出願費用の低減にもつながります。また、簡潔な日本語で書類を作成することにより、翻訳コストを削減できるというメリットもあります。

4.弁理士による一貫したサポート体制

写真:弁理士中野いただいたお仕事は、もちろん全件弁理士の中野賢太が担当いたします。無資格者や初心者に任せたり、他者に丸投げはいたしません。
わたくし中野は30代半ばで、弁理士業界では若い層にあたりますが、これまで培ってきた多くの知識と経験を活かし活動してまいりました。おかげさまで、クチコミのみで多くのご依頼をいただいております。
発明の発掘・切り分けから権利化、ライセンス契約、係争の解決と、発明の創出から活用まで今後20年の時間軸でお客様とお付き合いが可能です。

5. 最新の情報を反映します

実務には知識と経験が必要ですが、法律も実務も常に新しくなっていきます。中野国際特許商標事務所では、法改正、判例や審決例、審査基準、各種ハンドブック、各種助成金情報など最新の情報を常に学習し、書類作成に反映させています。

お気軽にお問い合わせください TEL 050-5318-6659 受付時間 9:00 - 18:00 [ 土・日・祝日除く ]

PAGETOP
Copyright © 中野国際特許商標事務所 All Rights Reserved.